航空機事業をサポートするプロフェッショナル集団 株式会社エアロパートナーズ

Consutling Office

会社概要

ホーム > 会社概要
社長挨拶

金井大悟 写真有史以来人々の生活は人と物資の運搬手段によって大きく変貌してきました。
船、鉄道、自動車、そして1903年12月17日ライト兄弟がキティーホークの砂丘で僅か数人の立会人を前に空への扉を開けて以来、航空機の重要性は加速度的に高まり、今やグローバルなスケールでは勿論のこと、地域的な人・物の移動もその高速性を抜きにしては成り立ちません。

21世紀に入り、インターネットを始めとするITの急速な技術革新は世界を文字通りボーダーレスの環境にするとともに、大量の情報を瞬時に伝達可能な通信手段となりましたが、同時に移動の利便性追及も高度化し、益々高速な輸送手段や様々な航空機を使ったサービスが求められる結果となっています。

株式会社エアロパートナーズは1992年創立以来このような社会のニーズに応えるべく、航空機および関連部品の輸入販売を手がけてまいりました。

報道やドクターヘリのように一刻の猶予も許されない厳しい環境で信頼される航空機をご提供し、24時間365日お客様をサポートすることはもとより、空の交通手段を安全に安心して利用するためのFADECのような制御技術やGPSを活用したCNS(通信・航法・監視)システム、さらには環境負荷を最小限にするタービン発電機用ユニットなど、広く陸海空にわたる様々な製品を扱っています。

さらに我々は、常に創造的立場に立って社会のニーズに対応した商品・サービスにより、公正な事業活動を通じて社会生活の利便性向上に貢献し、市場にバリューを提供できる空のプロフェッショナル集団になることを目指してまいります。

代表取締役社長
金井大悟

ページトップへ